スペシャルマシンで、健常者と身体障害者の壁に挑み続ける!

オフロードレーサー 渡辺幸哉さん

「渡辺さんHPより」
全日本ダート耐久シリーズ第2戦を戦って、3ヶ月が経とうとしている・・・ メインで活動していた今シーズンのJFWDA Championship Race Seriesは、全てのレースが中止された。 レーストラックRA98に乗れない・・・ レースが出来ないこの虚しさは、一帯なんなのだろう? こんな気持ち初めてのことだ。ストレス?それとも、最近男でもあると言う更年期障害? Baja1000へ出場するための準備が大変だ。 なれない英語で、現地との調整。 ATAカルネの申請、海上輸送の手配、一向に進まないスポンサー獲得、金策・・・ 勿論、講演活動も積極的にしている。 でも、これがレース?俺、レーシングドライバー??? このもやもやした気持ちをぶつけるものは、ダンベルしかない! ウェイトトレーニングに気持ちをぶつけるが、自由の利かない身体を目の当たりにして、 「かたわの強がりか・・・」 と、弱気になってしまうこともある・・・ これではいけない!1ミリでも前へ進もうと決めてはじめたオフロードレースだ。 最後まで、負けない!結果を残そう! と、気合を入れなおした時に、加藤サービスの加藤俊弘から、 RA-NO’S Baja Specialのエンジンオーバーホールの途中経過を、メールでもらった。 俺たちは、着実に、Baja1000のゴールLaPazへ近づいているのだ! 乗りたい、早くドライブしたい! リフレッシュされたエンジンは、さぞかしいい加速を見せてくれることだろう~! 来週は、RA-NO’Sの工場へ戻って、最終チェックに入る。 27日からは、LA郊外のThousand Oaksへ行って、打ち合わせをしてくる。 虚しいなんて言ってはいられない! 全力でぶつかるのは今だ!悔いの無いように、力を出し切ろう~! 困難な人生だからこそ、生きる価値がある! そう信じて・・・・

渡辺幸哉さん

Baja1000参戦のためメキシコへ向かう前日11月12日。連絡を頂きオーバートレーニングでとても辛いとのこと。 宿泊先で施術を行う。いいレースをしていただきたいです。 スタート前 無事帰国はしたものの大変なレースだったようです。詳細は渡辺さんのHPをご覧下さい。